引越しなどでお部屋の環境が変わった場合、お部屋の間取りの関係で、今まで使っていた家具などが使用できなくなることはよくある話です。しっかり物件について調査をした上で、見学までした物件だというのに、それを見誤るという事は多々あることです。やはり実際に移動させてみないと分からないという事もあるのです。大型電化製品の場合は新しいサイズの物を新たに用意しなくてはなりませんが、家具の場合ですとオーダー家具を予め用意しておくという選択もあります。

オーダー家具というものは、、部屋のサイズに合わせて、全長や高さなどの指定を家具製造会社に依頼ができるというシステムです。オーダー家具の上手な使い方は、物件見学の段階で、事前に細部をチェックしておき、前もって注文することです。メジャーなどを持ち込み、部屋の細部の奥行きを確認しておくとよいでしょう。引越しの期間までに間に合うように、オーダー家具を注文し、完成してから荷物の持ち運びをすると、滞りなく引越し作業が完了するかと思います。

なお、前に使っていた家具は、当然ながら処分を考える必要があります。粗大ごみ回収を呼ぶか、買取業者に引き取ってもらうようにして、前の家に残さないようにして引越しをして欲しいと思います。